新校舎

校舎再建築

2015年3月着工

学校法人白頭学院の新校舎起工式が2013年2月1日におこなわれました。
金聖大理事長が3年前に理事長に就任し、「生徒たちに安全な環境を提供し安心して勉学に励んでもらうために、老朽化した校舎の再建築を行う。」という目標・教育活動を発表しました。
それがいよいよ実現することになりました。

同胞や学校関係者の皆様からの尊い教育振興資金の賛助に感謝し、理事会、校友会、PTA、教職員が一丸と なって進もうとしているところです。

校舎建築日程は、2013年3月にプールおよび付属施設の解体工事から始まり、14年3月に南館新築工事が完工 し、西館、本館などの改修工事を終え、北館の新築へ進み、旧南館の解体と外構工事を経て2015年3月に全校舎 の環境設備事業が完工する予定です。

建物の特徴としては新南館が6階建ての教室棟となり、幼稚園から高校までの学級室を集中します。
新北館は1階が給食室で収容人数を増やすことで高校まで全員の完全給食が可能となります。2階は小体育館兼 研修室で防音設備を完備し、クラブ活動や講演会、研修会が快適に行える設備を整えます。

各教室には、最新の教育機器IT設備を整え、万全の教育環境を目指すとともに、植栽にはムクゲやケナリ、チン ダルレなどを配し、白頭学院建国学校の民族的情緒を醸し出したいと考えています。
新しい校舎で、楽しい学校生活を送り、のびのびと能力を伸ばせるよう、大勢の新しい生徒たちを待っています。

学校法人白頭学院 校舎再建築概要

  • 1. 構造 RC造 地上6階新築、RC造地上2階建新築、既存耐震改修
  • 2. 規模 新築延べ約4,000㎡、他耐震改修、改修
  • 3. 工期 2013年3月から2015年3月まで(予定)

新校舎完成予定イメージ

新校舎完成予定イメージ

学校法人白頭学院 PV