Welcome [TRIGGER]

7月のある日の放課後、校長室のドアをノックする音が聞こえたので「どうぞ」と答えると、恐る恐るドアを開けて「校長先生、少しお話がありますがよろしいでしょうか」と、高校2年女子生徒2名が私を訪ねて来ました。

「何かあったのかな?」と聞くと、「お願いがあります」と返事。二人は緊張した表情で「お願い」を説明し始め、自分たちが憧れているK-popのスターたちを学校に呼んでほしいということでした。本校では過去に同様の行事をした経験があり、この生徒たちはそれを知っていたようです。以前は偶然にそのような機会を得たので実現したが、生徒の要望にこたえて一から行事を企画するのは大変というイメージがあり、私が困った顔をすると、「私たちがよく行くライブの担当の方に協力していただけます」ということでした。

これがきっかけで、9月20日に本校では総合学習の時間に、「K-popミニライブ」が実現しました。今回のK-popのスターたちは「[TRIGGER]」という男子4人グループでこれから日本で活躍が期待されるそうです。

私は、ライブの前にグループの面々と話をする機会がありました。もしかしてチャラチャラ感があるのではと思って話しかけると、彼らは驚くほどに爽やかで、凛々しくもあり、何よりも礼儀正しさに好印象をうけました。

生徒たちの前評判では、「[TRIGGER]そんなグループ知らん」「聞いたことあるけど有名じゃない」などでした。

そして本番、「キャー、キャー」という歓声よりも、生徒たちの大拍手で舞台が始まりました。歌って、踊ってのK-popスターの特有の演技に女子生徒は勿論、男子生徒も一緒になってライブを楽しんでいました。正に「舞台と客席が一体となって」という雰囲気が体育館で繰り広げられていました。合間のトークでは、4人は未だあまり日本語が話せないので韓国語を使っていましたが、生徒たちがすべて韓国語で答えるので反対にメンバーが驚くシーンも見られ、「韓国語でライブができるので今日は自分たちもやりやすい」と生徒たちを誉めていました。前評判では、「そんなグループ知らん」といっていたのに、生徒のほとんどがダンスに合わせて、一緒に体を動かしながら歌を歌っていました。

本校では4日前に文芸祭がありました。クラスの舞台発表でK-popダンスを踊った生徒たちもたくさんいて、生徒たちのライブを見る目は違ったものがありました。技術力はもちろんのこと、構成の仕方、目線の位置、話し方などプロの演技から学んだことはたくさんあり、女子生徒も男子生徒たちも大変満足した様子でした。その理由はプロの演技を間近で見れたことと、その演技が自分たちを爽快な気分にさせてくれたことへの感謝の気持ちであったと思います。そして、舞台終了後生徒たちは[TRIGGER]の皆さんとの別れを惜しんでいました。

[TRIGGER]の皆さんありがとうございました。建国高校は[TRIGGER]の皆さんを応援します。