保育参観・作品展

2020年2月11日(火)、保育参観がありました。

2歳児(チャンミ班)は、保護者と一緒にマーブリングでキーホルダーを作りました。

 

 

 

3歳児(ムグンファ班)は、保護者と一緒にリズムとふれあい遊びをしました。

 

 

 

 

4歳児(チンダㇽレ班)は、集団リズムを保護者の前で披露した後、自分たちでいす取りゲームをし、

 

 

 

その後、オンマ・アッパに椅子になってもらい、人間いす取りゲームをしました。

 

 

 

5歳児(ケナリ班)は、運動場に出て、保護者と一緒に「がっちゃん」というルール遊びをしました。

いつもは、自分たちだけでやっていますが、オンマ・アッパたちと一緒でとても白熱した戦いになりました。

 

 

 

保育参観終了後、地震避難訓練をしました。子どもたちがどんな風に避難訓練をしているのかを保護者に見てもらい、一緒に運動場に避難していただきました。

 

 

 

 

地震避難訓練をした後、保護者研修会を行いました。テーマは「いっしょにかんがえよう!防災訓練」です。15分程のスライドショーを見ながら説明を聞きました。保護者の皆さんは、真剣に研修を受けていました。ご家庭でも、防災に関して話し合って頂きたいです。

 

 

 

認定こども園になり、いつもと違う参観日でしたが、保護者の皆さん長時間ご協力頂きありがとうございました。

 

 

【作品展】

2月8日(土)~11日(火)まで作品展をしていましたのでどんな展示だったかをご覧ください。

今年の共同制作(2~5歳児の縦割り活動)のテーマは絵本の「はらぺこあおむし」でした。はらぺこあおむしとちょうちょの2チームに分かれて協力しあって作り上げました。

 

 

 

2歳児(チャンミ班)です。

 

 

 

3歳児(ムグンファ班)です。

 

 

 

4歳児(チンダㇽレ班)です。

 

 

 

5歳児(ケナリ班)です。

 

 

子どもたちが一つ一つ丁寧に作った作品たちはとても素敵でした。

たくさんのご観覧ありがとうございました。