2021年度第100回全国高校サッカー選手権大阪予選2回戦結果&0から丁寧にサッカーを学べる「建国メソッド」のご案内

2021年度 第100回全国高校サッカー選手権大阪予選2回戦 結果報告

9月27日に第100回全国高校サッカー選手権大阪予選2回戦に出場いたしました。

国際大和田高校相手に1-4(0-1 / 1-3)の敗戦となりました。

しかし、大会に向けて丁寧にチームとしての攻め方・守り方を確認し、個人でサッカーをするのではなく、チームの中の一人としてその役割を全員が全うすることができました。

本大会に出場させていただいたことで得ることができた貴重な経験を通して見えた個人、チームの課題、良好点を今一度丁寧に確認し、さらなる成長と目標実現のための努力を継続していきたいと思います。

最後になりますが、毎度暖かなサポートをサッカー部にしていただいております関係者の皆様、本当にありがとうございます。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

                                         

P.S

高校からサッカーを始めるなら建国!

0から丁寧にサッカーを学べる

「建国メソッド」で!

いつも建国中・高サッカー部への暖かなサポートをありがとうございます。

突然ですが、来年度高校への進学を控えている中学生の中にはこんな悩みを抱えている生徒さんがいるそうです。

それは、

“実はサッカーが大好きでやってみたいけど、高校から始めるには遅すぎるかも・・・”

というものです。

具体的には、

✔中学時代に部活動に入っていなかったから練習についていけるか不安・・・

✔サッカーは大好き!だけど運動神経に自信がないし体力もない・・・

✔高校から新しいことに挑戦したい!できれば、運動部で頑張ってみたいんだけど・・・

というもの。

もしかしたら、今この文章を読んでいるあなたもそんな

“高校からサッカーに挑戦してみたい!”

と思いながらも様々な不安から一歩踏み出せずにいる現中学3年生の生徒さんやその保護者の方かもしれません。

もしそうだとしたら、建国サッカー部開発した「高校からサッカーを新たに始める人」を対象にした「建国メソッド」を通してそんな悩みを解決できると確信しています。

高校からでも遅くない!

0からサッカーを学べる「建国メソッド」とは?

サッカーという競技を正しく理解し、目標に到達するまでに必要な方法を個別にサポート!”

これが、建国サッカー部が誇る建国メソッドです。

実は、現代高校サッカーは「学校の名を売る」ための勝利至上主義が横行しています。

現在建国高校で監督をしている私も学生時代に「日本一」という結果を残すことができましたが、卒業するころには多くの学生がサッカーを嫌いになっていました。

特に、

・大好きで始めたサッカーが、部活動のせいで大嫌いになる・・・

・勝つことはできるけど、本当にメリットがあるのは試合に出ているメンバーと知名度が上がる学校だけ・・・

・走りの練習ばかりでサッカーのことを教えてもらった記憶がない・・・

こんな問題を肌で感じてきた私はサッカーという競技を丁寧に正しく指導し、サッカーを通して様々な力を養うことができる部活動。そして、そんな部活動を教育活動の一つと捉えて、試合に出ていないメンバーにも部活動に所属しているメリットを感じることができ、大きく成長させることができる方法を徹底的に考え、本メソッドを開発致しました。

0から丁寧にサッカーを学べる「建国メソッド」

3つの特徴

特徴その①:豊富な経験と確かな実績に基づいて開発されたメソッド。だから、無駄がない!

開発者はこれまでに大学サッカーで日本一、海外でプロ選手としての経験、併せてJ育成に定評のあるリーグチームでの研修経験、国内外のトップレベルアカデミーでのコーチ経験に加え、国内外での指導者ライセンスを保持しています。小学生からプロまでを指導した経験の中で、高校3年間でサッカーを理解し、上達するたに必要な原理原則を落とし込んだメソッドです。

特徴その②:サッカーを通じて問題解決能力を養うことができる!

サッカーの試合では問題を解決し続ける必要があります。そのために、戦術を考え実践

していく必要があります。しかし、これは、私たちの人生も同じです。様々な問題に対

して、その問題を主体的にとらえ、自ら解決できるように動き出せる。これから

の人生に必要なそんな力をサッカー部の活動を通して養うことができます。

特徴その③:サッカーを通して国際的な視野を養うことができる!

私は以前、アフリカでサッカーコーチをしていたことがあります。数年にわたり、数か国で指導に当たりましたが、その中で特に印象に残っているのがスラム街(貧困街)のチームを指導した経験です。その時に、生まれた場所や環境でここまで人の「可能性」は違うのかと衝撃を受けました。

サッカー部の生徒たちは、コロナ渦が落ち着いたらアフリカにサッカーを通した交流に行きます。

そして、現地の子どもたちとの交流を通して、語学力の必要性、自分の恵まれた環境や可能性を再確認し、価値観や行動をポジティブに変容させることができます。もちろん、このプロジェクトは建国サッカー部にいなければ経験することができません。

是非、サッカーを0から学び、新しい自分になるために建国サッカー部へ入部してみませんか?

まずは10月23(土)のオープンスクールで体験入部をしてみてください!

オープンスクールサッカー部体験の詳細はこちらから!

直前のページへ戻る