ウクライナ情勢と核兵器(2022.4.26.)

ウクライナ留学中でロシア侵攻前に帰国した卒業生にウクライナ情勢について(Zoom)講演してもらった後、高校生が体育館に集まり、核兵器について学習しました。グループ討論では、教員も加わり熱のこもった意見交換の時間がもたれました。発題やクイズ、進行は全て生徒が行い、大変密度の濃い学習となりました。

アンケート結果より

・ウクライナ情勢に対して改めて考える機会になった。

・核兵器という身近ではないことについて考えるきっかけになった。

・議論そのものの大事さに気付いた。

(特に、議論について自分の意見を他人に話す機会がとても貴重だったという意見が多かったです。)