仕方ない(2022.6.6.)

現代人は「仕方がない」が苦手である。何事も思うようになると なんとなく思っている風情である。(養老孟司) (2022年6月5日朝日新聞 朝刊『折々のことば』より)

もう何年も前に参加した研修で聞いた話を思い出しました。

ある私立小学校の入学説明会で、校長先生が保護者に対して、

「お子さんに、学校は自分の思い通りにならない所だと言い聞かせておいてほしい。」

という話でした。

どんなことでも、自分の思い通りになると思っていたら、そうならない場合、

ストレスを感じ、時にいら立ち、怒り、地団駄を踏んでしまうことになります。

自分自身も経験してきましたし、色々な所でそのような光景を目にします。

反対に最初から自分の思い通りにならないと思っていたら、仕方ないと割り切れ、さほどストレスを感じずにやり過ごすことができるということです。

日々の生活、あきらめの「仕方ない」ではなく、「まあそんなにうまくいくことばかりでないけれど何とかなっている」と前向きに、過ごしたいものです。

       (中3修学旅行ラフティング)